時DO記 

気ままな写真付き日記風雑記

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初盆

管理人の息子です。


父が他界して1年。

夏の暑い日、8月8日のこと。
故人の身内を招き、僧侶にお経をあげてもらい盛大に供養いたしました。
すぐ上の伯父はいまだに信じられない、といったコメントを僕にしてくださりました。

あっという間だったのか、そうでなかったのか・・・
日常の忙しさにほだされてゆっくり考える時間もなかったような気がします。
とは言っても、生前よりも父との距離は近くなったような気もしています。

遠くから足を運んでいただいた皆様、どうも有り難うございました。

折尾再発見!フォトコンテスト(写真)

※この記事は期間限定にさせていただきます。あらかじめご了承ください。
___________________
【写真展の案内ポスター(一部)】
再発見


【折尾駅改札口】父の作品

折尾駅改札口


【若松行き】父の作品

若松行き


【山頭火もすわったろうか?】父の作品

山頭火もすわったろうか?


【折尾の街を驀進するSL 】伯父の作品

折尾の街を驀進するSL


【SLを見る親子】伯父の作品

SLを見る親子




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
momomamaさんにコメントいただいたとおり、これらの写真は父から僕へのプレゼントだと思います。
でも、待合室に入らなかったら永遠に知らないままでした。

「お父さん、お疲れさん。焼酎をどうぞ!」

IMG_7773綾佳中山楼600

・・・ホントはお水です。
ここの画像を拝借しました。
▼追記の開閉
*CommentList

折尾再発見!フォトコンテスト

長男です。
先日、四十九日の法要を終えました。

その帰り、折尾駅(博多行き方面)の待合室で、ある発見をしました。
折尾再発見!フォトコンテスト」に父が写真を応募していました。

折尾駅の待合室に入り、ふとフォトギャラリーを見たところ、
偶然にも父の名前を見つけました。
なんと、父のすぐ上のお兄さんの写真もあったのです。

主催の《協同組合 折尾商連さん》にメールで尋ねましたところ、
まだ未展示の作品があと1回分(10数作品)あるそうで、
その中にも父の作品が1点入っていることを教えてくださいました。
今後入替を考えておられるとのことです。
(入替期日は、10月中旬の予定だそうです。)

※作品をデジカメで撮りました。後日アップします。


本ブログ・・・
父のお友達だけでなく、思いのほか親類にもアクセスいただいているようです。
いまだに。



・・・というわけで
【伯父ちゃんへ】
ご存じでしたか?
フォトコンテストのこと。
驚くと同時に兄弟の絆を感じました。
見に行ってみてください。

▼追記の開閉
*CommentList

最期の外出

 抗癌日記 19日の朝に父は書き込みしていました。その日の朝、子どもと夏休みの宿題の材料を探しに、図書館に行く予定を立て「お父さんも行かんかね?」と電話で誘いました。行く との返事で一緒に行きました。車の中で、孫の夏休みの自由研究の心配をしていましたね。図書館では、「郷土の歴史」のコーナーに入り込み、2冊の分厚い本を借りました。1冊は「石」関連1冊は「河童」関連・・・帰り、父は階段を昇ることができませんでした。「またね」と別れたその日の夜に父は緊急入院していました。夜、子どもを寝かしつける時に救急車のサイレンの音が耳に残り、胸騒ぎがし電話も繋がらず実家は誰もいない…かかりつけの病院は救急は受け入れていないということで、消防署に行き事情を説明し行き先がわかりました。     もう一度 お家に帰りたかったね、お父さん。
 緩和ケアに移り、栄養の点滴をはずして数時間で息がとだえ、後から考えると、もう少し早く楽にしてあげたかった、でも 少しでも生きて欲しかったのです。最善の方法が何だったのか、よくわかりません。亡くなる2日前まで笑っていました。3日前までトイレにいき、一緒に歯磨きもしました。お風呂に入れてあげられなくてごめんね。思いはたくさんあり、悔いもあります。
 告別式、出棺の挨拶で弟が「皆様の ご縁 という財産を棺おけに入れて旅立ちます」といいました。    私もそう思います。 ネットでのお友達の励ましもありがたかったです。こうやって、父にご縁のあった皆様に心より御礼申し上げます。
*CommentList

孫からのメッセージ

長男です。
闘病の苦しみからやっと開放されました。
「じゃ、また来るね」
と握手をして別れた2日後のことでした。

暦の上では12日になりました。
昨日、緩和ケア病棟でお誕生会をしようと計画していた
父の孫からのメッセージがあります。
11日15時付けのものです。

========================================
今日は、 私と●ちゃん(父の次男、私の弟)の誕生日です。 じいちゃんにおいしいモンブランを食べてほしかった。でも 天国で 食べているかな?味は、どう?おいしい?「夢の季」のモンブランだよ。じいちゃん 大好きだっだもんね  じいちゃん今までありがとうございました。じいちゃんが居ないと とても寂しいです。 明るくて いつも前向きで でももうじいちゃんと話せないし ハグも出来ない そう思うと悲しくて でもじいちゃんはいつも笑顔だっだ。 じいちゃん じいちゃんもっと いっぱい話したかった。 じいちゃんにする 相談もたくさんあるんだよ。  だからもっと長生きしてほしかった。 嫌だよ  じいちゃんと 話しが出来ないなんて嫌だ。  私と体が入れかわれば長生きできたのにね。ごめんね。入れかわれなくて・・・本当に・・・ じいちゃんは、みんなに自慢できるじいちゃんだっだよ。ありがとう。 
========================================


*CommentList

手紙。

  病棟が変わりました。付き添いには少し よい環境です。この場所は私や兄が幼少を過ごした社宅があった場所です。取り壊されて病院が移転しました。変わった景色もありますが、「変わらない景色」もあります。病院の最上階はいい眺めで、ここが病院でなければ最高です。              今日は、母が泊まります。新しい主治医からの重たい話も聞きましたが、母は冷静に受け止めていました。毎日、母か私かが交代で付き添いをしますが、兄が仕事の都合をつけてこちらにいるときは兄、弟が仕事が休みの時は弟も父の側にいます。父はブログで抗癌日記は書いていました。母は父のブログを読んだこともないのに、父が入院してから「看護日記」を書いています。3人の子ども、私たちも時々参加。弟が手紙を書いていました。父へ?自分へ?
 
 お父さんの会社のバス旅行にてマイクがまわってきた。ガイドさんに「お家ではどんなお父さんですか?」と質問された。お父さんを一言で表現するのは容易ではない。と子どもながらに考えがまとまらず困った。思わず「わかりません。」と答えた。バス旅行が終わって二人になり「わかりません」という私の返答に怒っていた。凛之助が産まれて「父親」の気持ちがわかる瞬間がたまにある。あの時何と答えていれば父は喜んだのだろう…たまに考えるが、34歳を間近にした今でも答えはわからない。
とりあえず「優しいお父さん」とか「面白いお父さん」と無難に言っておけばご機嫌はよかったであろう。
 北九州に帰って来て、まずは自分の生活と将来は大切に守っていかないといけない。「○○み」と凛之助には苦労をかけないで、お父さんの意志を受け継いでいきたい。それが凛の教育にもなると思う。                      孝次郎     
                
 お父さんの意志・・・
意志…    兄妹3人 父の意志を探していこう。私も仕事と育児の合間に切り絵の世界に入ろうかな。。。

父の病室に泊まります。私は仕事でほんの少しパソコンを触るものも、インターネットなど全くと言っていいほどわかりません。父が入院して大好きなパソコンをさわらせたくて、電気屋さんにモバイルパソコンを買いに行きました。        3日ほどさわれたでしょうか…                    父のブログを見ると 懐かしい思い出がよみがえります。。。蒸気機関車が好きで、切り絵が好きで、焼酎が好きで、石橋が好きで。曲がったことが嫌いでいつもまっすぐでした。私は兄弟3人ですが、私たちが子ども時代は、礼儀・行儀こと細かく厳しく言われました。父が怖かったです。でも、遊びにも連れて行ってもらいました。キャンプ 釣堀、ぶどう狩り…                         兄が金曜に北九州に帰ってきた時は、「お父さんの子育ては95%できた。後の5%は自分でがんばれ」と言っていました。後の5%頑張ります。なにひとつ親孝行してないのだから 元気になってください。
 神様 お願い…真面目に生きてきた父を助けてください。

momo

*CommentList

momomamaさん、山頭火のお葉書ありがとうございました。

ちかちゃん、追い山流しは見た事があるけど 追い山は見た事がなかったので今年は残念です。コメントありがとう。
Momomamaさん さくら はな さん すみません。ありがとう。力添えになっています。病院の部屋は点滴チューブがなければホテルのような感じです。でもやっぱり、本当のホテルに行きたいです。
自分でコメント書けないから代筆を頼みます。

左サイドMenu

最近の記事

プロフィール

みのり

  • Author:みのり



  • img24766抗癌日記11


    img83700 <br />風をあるく

    FC2ブログへようこそ



img24766抗癌日記11 img83700 
風をあるく FC2ブログへようこそ

- 天気予報コム-

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。